あなたの代わりに徹底検証します、リフォームにかかるお金

見積もりの時点では明記されていない経費について、徹底検証する

どうしても必要な追加工事と料金

リフォーム工事中に、施工主の方から追加工事を申し入れて来た場合、受け入れなければどうしようもないケースというものがあります。
それは、住宅の根本というべき、安全と衛生に関わることで、異常が起こっていることを指摘された場合です。
例えば、経年劣化による屋根資材の腐食により、雨漏りが起こっているケースや、パイプの水漏れにより、床下が腐敗しているケース。また、解体工事中に、シロアリが発生していることが発覚することも多いのです。
いずれのケースも、これまで明らかに生活に影響がなかったのであれば、修理、補強のみ、それぞれ20万円前後程度の追加工事料金がかかる場合が多いようです。
このケースからも分かるように、古い家をリフォームする場合は、解体時に内部を確認して、初めて判明する問題が多くあるため、どうしても追加工事が発生することになります。

着手後の追加工事、変更工事と料金

リフォームの工事が始まったにも関わらず、施主側に、新たな要望や気にかかる点が出てきて、追加工事や変更工事のリクエストをするということは、よくあることです。逆に、施工主の方から、「ここはこうした方が良いですよ」とプロならではの視点から、追加工事や変更工事を勧めることも、よくあることです。
しかし、トラブルの事例を見てみると、その時点で、施主と施工主との話し合いが充分に行われず、追加でかかる金額の確認と同意が成されていないまま、作業が進んでしまっている状況が見て取れます。書面で細部までしっかりと確認せず、口頭での同意だけで、追加工事が進んでしまい、後で「言った、言わない」の不毛なトラブルが発生してしまうのです。
追加料金として支払う金額としては、50万円から200万円までが一般的な平均と言えそうです。
当然ながら、この手のケースでは、金額が大きければ大きいほど、トラブルの根が深くなると言えます。


この記事をシェアする